HOMEオススメ情報科学館学習 > 化学分野

地学分野「石はなにからできているの」

   <実験196>

授業について

 「石」は河原や道ばたなど様々な場所で見られます。しかしながら,色や形・粒の様子など,どれ一つとっても同じものはありません。「石」の多くは,元々は地球の大地をつくっていた火成岩です。授業では,この火成岩に注目し,岩石の中の鉱物を取り出して観察し,火成岩は鉱物の集まりでできていること,鉱物は結晶であることを確かめます。また,鉱物の密度の違いや岩石の密度の違いを確かめる実験を通して,「石」の成り立ちや地球の営みについて学びます。

実験の内容

課題1:火成岩に含まれる鉱物の種類と特徴を知る

実験1:花こう岩とはんれい岩を壊して中の鉱物を調べよう

■花こう岩とはんれい岩を繰り返し加熱・冷却し,岩石を破砕します。破砕したものをルーペ等で観察し,岩石が複数の鉱物の集まりでできていること,花こう岩には無色鉱物が多く,はんれい岩には有色鉱物が多く含まれていることを学習します。

実験2:火山灰を含んだ黒土から鉱物を探そう

■火山灰を含んだ黒土に含まれる鉱物を調べ,鉱物が結晶であることを理解し,鉱物にはいろいろな種類があり,形や色などの特徴があることを学習します。



課題2:花こう岩とはんれい岩のでき方の違いを考える


実験3・4を通して,マグマの成分と鉱物の色の違いとの関係を考えていきます。(マグマの結晶分化作用)


実験3:有色鉱物と無色鉱物の性質の違いを調べよう

■磁石を近づけると,有色鉱物の多くが磁石に引き寄せられることから,有色鉱物には鉄が含まれることを確かめます。
■有色鉱物と無色鉱物を液中で落下させたときの様子から,有色鉱物が無色鉱物よりも密度が大きいことを確かめます。

実験4:花こう岩とはんれい岩の密度を比較しよう

■それぞれの質量と体積を測定し,はんれい岩の方が花こう岩よりも密度が大きいことを確かめ、大陸をつくる岩石と海底をつくる岩石の違いについて理解します。

〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.