HOME

ご利用案内
開館時間

9時~16時45分まで

(ただし、入館は16時まで)

休館日

毎週月曜日

(祝日・休日の場合はその翌日)

祝日・休日の翌日

(土曜日・日曜日・休日・10月の第2月曜の翌日を除く)

年末年始

(12月28日~翌年の1月4日まで)

毎月第4木曜日

(12月・休日は除く)

※詳細については休館日カレンダーをご覧ください。

入館料

☆令和元年9月30日まで
一般 540円 (430円)

高校生 320円 (260円)

中・小学生 210円 (170円)

( )は30人以上の団体

☆令和元年10月1日より
一般 550円 (430円)

高校生 320円 (260円)

中・小学生 210円 (170円)

( )は30人以上の団体

スマホでクイズ
仙台市科学館キッズページ
仙台市科学館モジュール学習
見験楽学


トピックス




地球と地震48のひみつ



地震体験装置の参加を希望される方は,説明会への参加が必要です。
説明会は概ね30分~40分間隔で行っております。詳しくは会場内でご確認下さい。
ただし,説明会1回あたりの体験者数は,6~10名程度となっております。
参加希望者数が多い場合は抽選となります。



科学館展示リニューアル基本設計業務委託の落札者を決定しました。

詳しくはこちら

最近の様子

「消防車がやってくる!」

令和元年7月28日(日曜)に,特別展の開催に合わせて「消防車がやってくる!」のイベントを開催しました。
■場所
スリーエム仙台市科学館 エントランス
■内容
仙台市消防局の協力で,消防車の展示と防火服の試着を行いました。




令和元年10月1日(火曜)から消費税率が引き上げられることに伴い
下記の通り入館料の一部を改定します。
令和元年9月30日(月曜)まで:一般 個人 540円
令和元年10月1日(火曜)より:一般 個人 550円


 小企画展「自由研究 How to 展」
(1)日時: 7月2日(火曜)~9月1日(日曜)
(2)内容: 夏休みの「理科の自由研究」を進めるためのポイントを展示します。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 3階 生活系展示室
(4)対象: どなたでも
(5)費用: 入館券が必要です。
(6)問い合わせ: スリーエム仙台市科学館


 特別展「地球と地震 48のひみつ」
(1)日時: 7月20日(土曜)~8月25日(日曜)
(2)内容: 地球の活動を説明し地震発生のしくみや防災への取組等を紹介します。また,JAMSTECによる海域地震についての研究も展示します。地震体験エリアでは,3D空間でリアルに大地震を体験できる「地震ザブトン×VR」を東北で初めて一般公開します。また,災害時に役立つ防災グッズを作るワークショップコーナーや段ボール迷路も設置します。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 2階 特別展示室,3階 エントランスホール
(4)特別展入場券: 一般・大学生900円 高校生600円 小学生・中学生300円
          ※常設展にもご入場いただけます
          ※小・中学生は「どこでもパスポート」等が使用できます
(5)問い合わせ: スリーエム仙台市科学館


 3Dシアター「アイスの小さな大冒険」
(1)日時: 8月6日(火曜)~8月25日(日曜)
(2)内容: 3Dシアター「アイスの小さな大冒険」は,オホーツク海の流氷をガリガリやって進んでいくガリンコ号とアザラシのアイスをモチーフにしたオリジナルストーリーです。オホーツク海に生息するめずらしい魚たちがたくさん登場します。上映時間は5分です。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 1階 市民の理科室
(4)対象: どなたでも
(5)参加費:  特別展の入場券が必要です。
(6)申込: 不要
(7)問い合わせ: スリーエム仙台市科学館


 紙飛行機をつくろう!
(1)日時: 8月24日(土曜)10時~11時30分
(2)内容: 仙台市出身の二宮康明氏が設計した紙飛行機(スカイカブ4)を製作します。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 2階 第1実験室
(4)対象: 小学生以上(小学4年生以下は保護者同伴) 定員20名
(5)参加費: 紙飛行機代540円
(6)申込: 往復はがき(往信62円・返信62円)に下記必要事項を記入の上、科学館宛にお申し込み下さい。
       ①イベント名 ②郵便番号・住所 ③参加者の氏名(フリガナ) ④電話番号 ⑤学生は学年
       申し込み〆切:8月2日(金曜)必着です※定員を超えた場合は抽選となります。
(7)問い合わせ: スリーエム仙台市科学館


 第26回 科学講演会「作って飛ばそう!ぼく・わたしのロケット」
(1)日時: 8月31日(土曜) 13時~16時30分
(2)内容: 航空宇宙にかかわる講演を聴いた後,ペットボトルロケットを製作し,打ち上げ体験を行います。詳細はウェブサイトをご参照ください。(http://branch.jsass.or.jp/north/science/
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 2階 特別展示室
(4)対象: 小学生以上 定員50名
(5)参加費: 無料
(6)申込: 申込期間(8月1日~8月20日)内に以下の方法でお申し込み下さい。
①学都「仙台・宮城」サイエンスコミュニティのウェブページを通じたお申し込み。(https://science-community.jp/
②参加する児童名,連絡先(電話番号,メールアドレス)を記載の上,022-217-5879までFAXして下さい。
③参加する児童名,連絡先(電話番号,メールアドレス)を記載の上,980-8577仙台市青葉区片平2丁目1-1東北大学流体力学研究所 岡島淳之介にはがきをお送り下さい。
(7)問い合わせ: 東北大学 流体科学研究所 岡島淳之介(e-mail→j.okajima@tohoku.ac.jp 
電話: 022-217-5879) ・スリーエム仙台市科学館
(8)その他: 空の炭酸飲料のペットボトル(1.5L)を2本ご持参下さい。(お茶や清涼飲料水用のペットボトルは不可)


 プログラミング教室
(1)日時: 9月15日(日曜) ①10時~12時 ②13時30分~15時30分
(2)内容: アーテックのロボットキットを用いてプログラミングを行います。①,②同内容
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 2階 第一実験室
(4)対象: 小学4年生以上 各回10名
(5)申込: 往復はがき(往信62円・返信62円)に下記必要事項を記入の上、科学館宛にお申し込み下さい。
       ①イベント名,①②のいずれか ②郵便番号・住所 ③参加者の氏名(フリガナ) ④電話番号 ⑤学生は学年
       申し込み〆切:8月23日(金曜)必着です※定員を超えた場合は抽選となります。
(6)参加費: 無料


 ジュニア科学への招待「水中の鉄をはかってみよう!」
(1)日時: 9月21日(土曜) 10時~12時
(2)内容: 様々な試料(水)の中に,鉄がどのくらい含まれているかを薬品で調べてみます。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 2階 第4実験室
(4)対象: 小学3年生以上(3・4年生は保護者同伴)定員30名
(5)参加費: 無料
(6)申込: 往復はがき(往信62円・返信62円)に下記必要事項を記入の上、科学館宛にお申し込み下さい。
       ①イベント名 ②郵便番号・住所 ③参加者の氏名(フリガナ) ④電話番号 ⑤学生は学年
       申し込み〆切:9月6日(金曜)必着です※定員を超えた場合は抽選となります。


 きのこ展
(1)日時: 9月28日(土曜)~9月29日(日曜) 9時~16時
(2)内容: 仙台市近郊のキノコを展示します。約200種類のキノコが集まります。キノコの鑑定も行います。
(3)場所: スリーエム仙台市科学館 3階 エントランスホール
(4)対象: どなたでも
(5)参加費: 無料
(6)申込: 不要
(7)その他: 例年多数の来館者があり,駐車場が大変混雑します。公共の交通機関をご利用願います。



★「学生ボランティアスタッフ」を募集します
 主に子どもを対象とした科学工作や実験教室,イベントなどの支援を行う学生ボランティアスタッフを募集します。
対象: 科学館業務や科学教育に関心のある16歳以上の学生
内容: 主に小中学生を対象とした科学工作・実験活動の支援を行います。
その他: 仙台市科学館から「ボランティア活動証明書」を発行します。
申込方法: Eメール(info@kagakukan.sendai-c.ed.jp)または電話(022-276-2201),来館にて,活動希望の旨をお知らせください。

★令和元年度仙台市科学館友の会会員を募集します

 平成31年3月1日(金曜)より,令和元年度科学館友の会の会員を募集いたします。科学に興味のある方なら,所在地や年齢に関係なく,どなたでも入会できます。会員の方は友の会が主催する研修会活動に参加することができます。また,「友の会通信」が送付されます。その他,詳しくは友の会通信を通してお伝えいたします。
受付:3月1日(金曜)より,休館日を除き随時受付します。
申込:3月1日(金曜)より科学館で配布する申込書(ホームページからダウンロードも可能)に必要事項を記入の上,持参または科学館宛てに郵送してください。
年会費:家族会員(ご家族何名様でも)¥4,000 一般個人会員¥3,000 ジュニア会員(高校生まで)¥1,000
科学館友の会についてはこちら
平成31年度 科学館友の会申込資料のダウンロードはこちら

イベント情報

  今年度科学館で行ったイベントや調査・研究および広報誌等を紹介します。

 

プロジェクト

自然豊かな蒲生干潟 継続観察プロジェクト
自然豊かな蒲生干潟 継続観察プロジェクト

頑張ろう仙台 私たちの街だから

 スリーエム仙台市科学館では、毎年、蒲生干潟をフィールドにして自然観察会を行ってきました。震災によって大きな被害を受け、変わり果ててしまった蒲生干潟ですが、豊かな干潟として回復していく姿を科学の視点で継続観察していくこととなりました。
 蒲生干潟が、海浜植物が豊かに生育し、多くの水鳥が集まる干潟に再生していくように、私たちの暮らす街・仙台市も元気を取り戻していきたいと念じています。

このサイトはFlashを使っています。お持ちでない方はAdobe社ホームページよりFlash Playerのプラグインをダウンロードしてからお楽しみください。 Get ADOBE FLASH PLAYER

〒981-0903 仙台市青葉区台原森林公園4番1号
TEL:022-276-2201/FAX:022-276-2204  【Mail】info_at_kagakukan.sendai-c.ed.jp
※おそれいりますが、eメールをご利用の方は、上記の「_at_」部分を@に書き変えて送信してください。

Copyright (c) 1996 - Sendai City Science Museum.All Rights Reserved.